2018年4月21日土曜日

N響定期第1883回

今日のコンサートのプログラムは,次のもの。ピレシュがでるので,楽しみだった。ピレシュは,2018年でコンサート活動をやめるということで,これが最後の日本公演となる。





ベートーヴェンピアノ協奏曲第四番
ベートーヴェン 交響曲第四番
指揮 ブロムシュテット
ピアノ マリア・ジョアン・ピレシュ


オケは、対向配置。ベートーヴェンは、音楽のバランスを考えると,対抗配置が一番良いと思える。ピレシュのピアノは,粒立ちがあり,きらきらとして美しかった。驚いたのは,第1楽章のピアノのカデンツァが、こんなに長かったと思えるくらい長い。ほとんど独奏曲のようだ。最新のCD,ハーディングとのベートーヴェンコンチェルトとも違っていた。アンコールは、ベートーヴェンのバガテルから。ベートーヴェンの四番の終わりで,ブロムシュテットが観客席に向かって振り向いた。満足する演奏だったのだろう。今回のプログラムは,良かったなあ。

今日は,earth dayでNHKホールの前に,多くのテントが出ていて,人も多くでていた。 原宿もすごい混みようであった。

2018年4月15日日曜日

スプリング・コンサート

一橋大学交響楽団のコンサートで国立まで行く。人身事故で,1時間ほど遅れ,ブラームスの二番を聴く。ブラームスは,やはり難しいなあ。木管パートや金管パートの独奏部分があったりして,演奏者の技量が試されてしまうからね。

2018年4月13日金曜日

花吹雪

土日,山に行けないので,景信山に行く。自転車で行く途中,浅川にある桜が風にまって,きれいだった。
山は,まだ,桜が咲いてはいたが,散ってしまったのもあった。

郷古廉&加藤洋之ベートーベン ヴァイオリンソナタ

春祭で,東京文化会館に行く。
郷古廉,加藤洋之のベートーヴェン,ヴァイオリンコンサートチクルスで,今回は,2回目に当たる。昨年,NHKFMで放送されたのを聴いていて,ライブで聴こうと思ったしだい。文化会館小ホールが良いのか,それとも郷古のヴァイオリンが良いのか,非常に豊かな音色で素晴らしい演奏であった。ピアノの蓋が開けられていて,ヴァイオリンとのバランスを欠くのではと思ったが,そんなことはなかった。プログラムは,次のもの。

ベートーヴェン
ヴァイオリンソナタ 第4番イ短調
            第6番イ長調
          第7番ハ短調
          第8番ト長調
アンコールにシェーンベルクとクライスラー。聴衆は,ベートーヴェンの次にシェーンベルクの幻想曲が演奏されたのに驚いたのではと思う。口直しに,クライスラーだったのだろうか?
ちょっと客層が違うように思える。春祭で来ている人も多いようだ。

2018年3月30日金曜日

BCJ第127回定期演奏会 マタイ受難曲

ここ何度か,マタイ受難曲を聴いているが,今回は良かった。エヴァンゲリストが櫻田亮で,これが一番の要だったような気がする。テノール歌手として,稀有な才能をもっているように思える。今回,新しいメンバーがいて,確実に変わってきているように思える。それぞれのパートが新しいメンバーによって歌われた。これも,印象に残った。

2018年3月17日土曜日

東博でバッハ 野平一郎

野平一郎のバッハピアノ演奏。
御徒町で電車が止まり,上野で食事ができず,東博へ。前,来たときは,寺神戸亮
のコンサートであった。東博,平成館に遅れて着いたが,それでも席は空いてあり,前から2列目の席に座ることができた。野平の演奏を見ることができた。ピアノは,ヤマハを使用。会場がデットでないので,ピアノの豊かな音色を楽しめた。演奏は,淡々と進められたが,一部,野平の曲もあり,良いコンサートであった。ただ,残念なのは,椅子がパイプ椅子で座っているとおしりが痛くなってくる。寺神戸亮の時も同じだったことを思い出した。

プログラムは,次のもの。

ブゾーニ編コラール前奏曲「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」
フランス組曲第六番
シンフォニア BWV787-801
***
ブゾーニ編 コラール前奏曲「来たれ,異教徒の救いの主よ」
平均律クラヴィーア曲集第一巻から
野平一郎 バッハによるトランスフォルマシオンIV
イタリア協奏曲

帰り,上野駅の構内のラーメン屋で食事をして帰った。

2018年3月11日日曜日

蓼科山

晴れ

家を出るときは,曇っていて,今日は曇りかと思ったが,ヤマケイのサイトで計画した時に晴れとあって,まさしく晴れであった。この予報天気は信頼性が高いようだ。車で 女ノ神茶屋まで行く。着いたときは,8時30分くらいであったが,駐車場は満車であった。用意をして,道路を歩いて登山口まで行く。唐松のある緩やかな登りで,しばらくすると雪がなくなり,それからまた雪が出てきて,割と平らなところを進む。それから登りとなって,凍っているところがあるのでアイゼンをはく。しばらく登りが続き,平らな場所に着くと,標高2110m標識 である。ここからは,頂上まで標高差400mほどであるが,割と急なところを登っていく。いいかげん登って,頂上に近くなると岩場となり,雪が着いていない。ここからは,風が強く,アイゼンだと歩きづらい。回るように登っていくと平らな岩からなる場所に着く。そこが頂上で風が強いので,帽子をかぶりファイントラックのジャケットを着て,フードをかぶると全く寒くなくなった。少し休んで,山頂ヒュッテまで行き,それから蓼科神宮を見て,また,頂上まで戻り,写真を撮った。少し休み,それから,同じ道を下った。駐車場に着いたのは,12時50分くらいであった。駐車場の車があらかたなくなっていた。疲れたので,クロスカントリースキーはやらず,帰った。帰り,車山が見えたが,雪はなかった。もう冬山もおわりだ。






タイム
08:36女ノ神茶屋・蓼科山登山口
09:49標高2110m標識 
10:00幸徳平
10:53蓼科山
11:04蓼科山頂ヒュッテ
11:07蓼科山 
11:09
11:12蓼科神社奥宮
11:13蓼科山 
11:31 
12:00幸徳平 
12:10標高2110m標識
12:51女ノ神茶屋・蓼科山登山口